漢楽箏曲『単点頭、乱挿花』

汉乐筝曲《单点头、乱插花》

2011-06-20 15:28:18   

客家传统代表筝曲之一。《单点头、乱插花》一曲可以分为两首乐曲,前一首为《丹凤点头》,“丹”与“单”同音;后一曲为《乱插花》。

これは客家伝統箏曲の代表曲の一つである。『単点頭、乱挿花』は二部構成で一曲目が『丹鳳点頭』で、「丹」と「単」は同音である。二曲目が『乱挿花』である。

《单点头》一曲是由客家筝派大师罗九香先生传谱的。《单点头》一曲是以演奏技术和表演程序来命名的乐曲,“单点”是右手的一种简单奏法,“头”指的是“头板”,是套曲之前的引子部分。此曲正是训练“单点”技法的必修曲目之一。

『単点頭』は客家の筝の大家、羅九香によって伝えられた。『単点頭』とはその演奏技術と段取りにより命名されている。「単点」とは右手による簡単な演奏法で、「頭」は「頭板」のことで、組曲に入る前の導入部分を意味する。この曲は「単点」のテクニックを練習するための必修楽曲の一つである。

《乱插花》也是以演奏技艺来命名的筝曲。“插花”指的是通过增减板字,以改变正板节奏的传统变奏手法。《乱插花》乃训练插花变奏规律的必修曲目之一。

『乱挿花』も演奏技術にちなんで命名された筝曲である。「挿花」は拍子の字数を増減することにより、拍子のリズムに変化を加えているという伝統的な変奏法である。『乱挿花』は挿花の変奏法を練習するための必修楽曲の一つである。

两个乐曲可以独立演奏,后来筝家将其用于联奏。乐曲表现了年轻姑娘出嫁前“对镜贴花黄”,亦喜亦羞的复杂心情。

二つの楽曲は単独の演奏も可能です。後の筝家もこの二つの楽曲をメドレーに使用している。楽曲は若い娘が嫁入り前に「鏡に映し、黄色の飾りを顔に貼る」という情景を描写し、嬉しくもまた恥ずかしいという複雑な心境を表現している。